TOP

信州大学人文学部 社会心理学分野 岡本研究室

岡本研究室では、次のようなキーワードをもとに研究を行っています。

■集団間の関係性        ■集団アイデンティティの外延性
■地域への愛着         ■場所アフォーダンス
■観光都市とまちづくり     ■人と場所の関わり
■移動と定住          ■登山行動の心理学
■観光者行動          ■写真投影法
■フットパスとまちづくり    ■PEN-A(Photo Elicited Narrative-Approach)
■歩くことの心理的機能     ■地域安全マップとGIS
■子どもの安全・安心

  なぜ人は対立してしまうのか。この問いに対して、集団というレベルから研究を行ってきました。個人的には善良で親切な人たちが、時にいがみ合ったり争ったりしてしまうことは、歴史的にも多くあります。このような状況で、人の「こころ」は、何の影響を、どのように受け、いかに行動しているのでしょうか。社会や集団に所属することの心理的過程について良い面,悪い面双方から明らかにしていくことが私の研究関心です。
  そこから派生し、最近では、居住地域への愛着が人々の行動に与える影響や、地域の景観や「場所」に対する意識と定住/移動の関係についても研究を行っています。「場所」のもつ魅力が、移動(旅行や転居など)することとにどのような影響を与え、人々の満足感を高めるのか、どのような場所づくりを目指すべきなのか考えています。また,最近は,移動することとして,旅や巡礼,山行行動へも対象を拡げており,総合的に,人が場所とどのように関わるのか,その心のメカニズムを明らかにしていきたいと考えています。
  地域の問題を取り扱う中で、安心できる場所についても考えるようになり、子どもの危険認知や安全意識を元にした安全マップの作成なども行っています。安全マップに関しては、GISとWebデータベースを連携させたシステムの開発も行いました。
  また、これらの研究をする中で、新しい調査法・測定法の開発・応用も行ってきました。たとえば写真を用いた調査(写真投影法)や潜在的な態度の測定の可能性についても検討しています。


TOPMEMBERRESEARCH THEMEWORKSEDUCATIONClippingTRAVELLER’S EYE