Mosaic Graph

■概要

モザイクグラフは、クロス集計されたデータを、長方形の面積を用いて各セルの値の大小を示す手法である。また、長方形の色で残差分析の結果を表すことが出来、クロス集計の結果を視覚的に理解することが出来る。これまでは、Rの”mosaicplot”から実施することが出来たが、Rを使い慣れない人でも実施できるようにExcelで簡単に実施できるように、以下のようなマクロを作成した。

使い方イメージ

          1 例えば、こんなデータ
「好きなケーキはなんですか?」A1セルを端っこに、クロス集計表を作成
           2
(Excel2007)
範囲を選択し、「モザイクプロット」ツールバーを選択
(Excel2003以前)
範囲を選択し、ショートカットキーを利用。
           3  
(Excel2007)
「計算」 をクリックすると期待度数、標準残差、χ2テストの結果が表示されます。
(Excel2003以前)
Ctrl + Shift + C をクリックすると、期待度数、標準残差、χ2テストの結果が表示されます。
            4  
(Excel2007)
「描画」 をクリックすると図形のサイズを尋ねてくるので、
適当な大きさを選択し、「OK」
(Excel2003以前)
Ctrl + Shift + P をクリックすると図形のサイズを尋ねてくるので、
適当な大きさを選択し、「OK」
           5  この通り、美しいモザイクグラフの完成!

この結果(ダミーデータ)から、
小学生はチョコレートケーキを好み、フルーツタルトを好まないこと、
大学生はミルフィーユやフルーツタルトを好むことが、一目瞭然。

消したいときは、Ctrl + Shift + D

プログラムを利用したい方は、岡本までご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です